こさか歯科クリニック KOSAKA DENTAL CLINIC

072-767-7685
  • メニュー

審美歯科 - 伊丹市の歯医者はこさか歯科クリニック【野間】

ESTHETIC

審美歯科

審美歯科とは、歯(お口の中)をキレイにするだけでなく、身体にも優しい治療です。笑ったときに見える銀歯。日本では、パラジウム合金やアマルガムなど、欧米ではすでに禁止されている素材が銀歯に使われています。金属アレルギーの心配もなく、お口にも身体にも優しいセラミック治療は、自信を持って笑えるようきれいな口元を作るという点でも、最も適した治療法です。但しメリットだけでなくデメリットもありますのでよくご確認ください。

セラミックのメリットとデメリットについて

メリット

1精密な適合にして虫歯を予防する

どのセラミック治療でも精密な歯型取りにより歯とセラミックの隙間をできるだけ少なくして仕上げます。保険では型取りのやり方など制限があり、歯との適合は劣ります。保険の材料のほうが虫歯のリスクが高いといえます。

2精密な噛み合わせに仕上げる

噛み合う歯にぴったり合う形に仕上げることができます。

3金属アレルギーの心配がない

セラミック治療で安心なことはアレルギーがでないことです。金属の場合、お口の環境にさらされると少しずつ溶け出し、成分が体内に蓄積されアレルギーの原因となることがあります。

デメリット

1欠ける可能性がある

陶材の食器を思い浮かべてみてください。金属のものと違い強い衝撃でふちが欠けたりしますが、お口の中でも同じことが言えます。特に心配なのは、噛みしめや食いしばりなどの習癖がある場合です。

この点についてクリニックにより様々な考え方がありますが、材料が欠けることで過大な力から歯を守ってくれるものと私は考えています。セラミックが欠けたら治療できますが、歯や歯を支える骨などの組織はダメージを受けると復活できません。破損のリスクが高い場合、保護用の柔らかいマウスピースを作ることもあります。

2費用が高い

治療の費用については、セラミックの範囲により変わってきます。
料金表はこちら

セラミックの種類

●オールセラミック
すべてセラミックの材料からなります。歯の色調やツヤ感などもっとも自然な仕上がりにできます。経年的な変色はほぼありません。
●ラミネートベニア
歯の表側に薄いセラミックを貼り付けて審美的に仕上げる方法です。元々の歯が多く残っている場合、効果的に適応できます。被せものよ
る量が少なくすむ方法です。
●ハイブリッドセラミック
レジンとセラミックの合わさった材料で、強度と審美性はセラミックに劣ります。治療費用はその分リーズナブルになっております。

保険適応の前装冠とセラミックの違いを知ろう!

前歯6本に関しては保険の被せものでも白い材料を使います。それは金属の被せものの表側にプラスティックを貼り付けたものです。天然の歯の透明感やツヤは再現できず、自然な色調にすることは無理です。経年的に劣化する材料ですので、入れて2年ほどで黄色く変色します。セラミックで作った場合は、治療したのがわからないほど自然な仕上がりにできます。

保険適応の場合
セラミック治療の場合