こさか歯科クリニック KOSAKA DENTAL CLINIC

072-767-7685
  • メニュー

院長紹介 - 伊丹市の歯医者はこさか歯科クリニック【野間】

DOCTOR

院長紹介

院長 小酒 和来朗

2007年 岡山大学歯学部卒
開業医にて一般歯科診療、訪問診療に携わる。
2013年 長谷川歯科医院 勤務
現在に至る。

JIADS ペリオコース 修了
ノーベルバイオケア ベーシックコース 修了
ICOI 国際インプラント学会 認定医
ニューヨーク大学歯科大学院短期留学プログラム 修了
日本顎咬合学会 会員
日本有病者歯科医療学会 会員
日本歯科審美学会 会員

趣味 バスケ・スノボ

院長 小酒 和来朗

2007年 岡山大学歯学部卒
開業医にて一般歯科診療、訪問診療に携わる。
2013年 長谷川歯科医院 勤務
現在に至る。

JIADS ペリオコース 修了
ノーベルバイオケア ベーシックコース 修了
ICOI 国際インプラント学会 認定医
ニューヨーク大学歯科大学院短期留学プログラム 修了
日本顎咬合学会 会員
日本有病者歯科医療学会 会員
日本歯科審美学会 会員

趣味 バスケ・スノボ

はじめまして、こさか歯科クリニックのホームページをご覧いただきましてありがとうございます。
院長の小酒 和来朗(こさか わくろう)と申します。当院は「friendly & hospitality」をモットーに、最新・安心のサービスを提供できるよう、また患者さまが気軽にお口の健康についてご相談できるようなクリニックづくりに取り組んでおります。歯科に限らずですが、病院に行くときは少し緊張するものです。この場を借りて私の自己紹介をさせていただき、少しでも身近に感じてもらえたらと思います。
私の名前は非常に珍しく、初めての方にすんなり読まれたことはありません。こさかという苗字は割とありますが、小さい酒と書いてこさかと読みます。さらに名前の方は珍しく、わくろうと読みます。平和が来て朗らかになるという意味をこめて、親が付けてくれました。

鳥取県出身です

1979年鳥取県の米子市というところで生まれ、たくさんの自然に囲まれて育ちました。和来朗という名前のせいか、昔から穏やかで周囲を和ませる雰囲気の子供だったそうです。山で虫を捕まえたり友達と秘密の基地を作ったり、海に潜って遊んだりとかなりアクティブな子供時代を過ごしました。その一方で手先を細かく使うことがとても得意でした。私が子供の時はいわゆるジャンプ黄金時代であり、北斗の拳、ドラゴンボール、聖闘士星矢、ジョジョなど非常に勢いがありましたね…。それらの絵を真似てよく描いていました。ガンダムのプラモデルもよく作りました。そういうことばかりしていると、運動不足のため太ってしまうのですね。しかし立体的なものを絵にしたり作ったりする感覚が養われたのか、美術の成績は非常に良かったです。その他はいたって普通の子供でした。スイミングスクールはずっと行っていましたので、他のスポーツはさておき水泳は得意でした。
兄が柔道部だったこともあり、中学時代は柔道部に所属していました。身長の低さをカバーするために、相手の懐にもぐりこむ背負い投げをよく練習しました。柔道部もとても楽しかったのですが、音楽に目覚めたのも同じ頃でした。私はシャイな性格でしたがなぜか目立つのも好きな一面がありまして、兄や友達の影響もありギターを弾いてバンドで演奏するようになりました。
高校になるとイングヴェイ、Mr.BIGなどの速弾きメタラーにハマってしまいました。皆さんが部活で爽やかな汗を流していたときに、私は部屋でギターばかり弾いていました。文化祭でバンド演奏したのはよい思い出です。そんな感じで私の高校時代は終わりました。大人になってからスラムダンクを読んで、「先生、バスケがしたいです…」と思ったときには時すでに遅し!

家族の話

実家は外科の開業医で、親戚も医科や歯科の仕事をしていることもあり、将来は漠然と医療系の仕事がしたいという思いがありました。父はよく差し入れをもらっていて、地域の方々にとても愛されていたと思います。依頼があれば休日や夜間でも外来や往診に出ているのを見て、大変そうだけど地域のために役に立つ仕事は素晴らしいと思いました。あるとき親戚のおじさんの歯科医院で治療を受けたとき、歯医者の仕事ってかっこいいなと子供ながらに感じました。院内の様々な機械や材料にとても興味をひかれたのです。「わくろう君は手先が器用だから、歯医者が向いているよ!」という言葉を真に受けて受験勉強をがんばり、一浪して歯学部に入学しました。

大学時代

私の大学時代は順風満帆ではなく、卒業するまで紆余曲折ありました。専門基礎科目である生化学、生理学などに全く興味が持てず、大学に行かなくなったのです。その休学している間は、様々なバイトをしたりバンド活動をしていました。メタルとクラシックとジャズがとても好きで、テクニックや音楽理論の研究に熱中し、当時は作曲で生計を立てることができたら最高だ!と本気で思っていました…。楽器の腕は無駄に上達したものの特に結果を残せないまま時が過ぎ、このままではやばいと気づいた時には2年が経過していました。結局両親に謝り、復学して真面目に卒業し手に職をつけよう!と決心しました。幸い復学したときの学年でいい仲間との出会いもあり、2007年に歯学部を卒業することができました。

卒後は…

卒後は大学で何かを研究するよりも、開業医で診療をしたい気持ちがありました。最初に勤務した歯科医院はかなり大規模な医院で、外来だけでなく訪問診療にも携わることができました。
大学に残って専門的な研究をするという選択をしなかった私は、さまざまな講習会に参加し勉強するしかない!と感じました。学生時代は勉強嫌いだったんですけどね…。現在も休日を利用して講習会に参加しております。歯科の仕事は奥深く、勉強には終わりがありません。しかしがんばった分、地域の方々の健康増進に関われることは、何にも代え難い喜びであります。
また、勤務医時代には他の先生やスタッフの意見を聞く機会が多く、患者さまだけでなくスタッフも安心して働ける環境づくりが重要だと感じていました。理想的なクリニックを作りたい、父のように地域に根付いた医療サービスを提供したいという思いがつのっていました。そこで2016年春、家内の出身地という縁もありこの地で開院いたしました。まだまだ足りない部分ばかりですが、クリニックのメンバーみんなで精進していきますのでよろしくお願いします。