こさか歯科クリニック KOSAKA DENTAL CLINIC

072-767-7685
  • メニュー

難症例への対応 - 伊丹市の歯医者はこさか歯科クリニック【野間】

CORRESPONDENCE

難症例への対応

インプラントは骨の中に入れるものですが、歯を失ったところには骨があまり残ってなかったりします。抜歯や歯周病、入れ歯の使用により骨が吸収するからです。治療の際に特に考慮することがあります。

  • ◎インプラントを入れるのに十分な骨があるか
  • ◎重要な神経、血管を避ける
  • ◎上顎洞を避ける

当院ではインプラント埋入ができるように、以下の方法で骨を作ることができます。
顎の骨がやせていてもインプラント治療は可能ですので、ぜひご相談ください。

GBR

骨再生誘導法といって、人工骨と膜を用いてインプラントの周りに骨をつくる方法です。インプラントを入れると同時にGBRしたり、極端に骨が少ない場合はGBRを先にして骨を作ってからインプラントを入れたりします。

▼ GBR症例

術前

  • ▲ 術前パノラマ
  • ▲ 術前CT

術後

  • ▲ 術後パノラマ
  • ▲ 術後CT

サイナスリフト

上顎の奥歯には上顎洞という空洞があります。上顎の骨は下顎に比べて軟らかく、歯を失うと急速に骨吸収が進みやすいためインプラントを入れる骨の厚みが足りないことが多いです。サイナスリフトとは、上顎洞の粘膜と骨との間に人工骨を入れて骨の厚みを作る手術です。極端に骨が少ないときに適応します。

▼ サイナスリフト症例

術前

術後

ソケットリフト

上顎の奥歯の骨が足りない場合、インプラントを入れるところから上顎洞を押し上げて骨の高さを増す方法です。サイナスリフトより侵襲が少ないですが残っている骨の量がある程度必要で、状態によっては適応できない場合もあります。

▼ ソケットリフト症例

術前

術後

こわがりの方、高血圧など全身疾患のある方はご希望があれば麻酔医による術中管理付きで処置を行うことができます。全身麻酔と異なり全く意識がなくなることはありません。点滴で麻酔薬を入れていく静脈内鎮静といって、半分寝ているような状態でインプラント手術を終えることができます。患者さんからは「気がついたら手術が終わってました」との感想が多いです。