こさか歯科クリニック KOSAKA DENTAL CLINIC

072-767-7685
  • メニュー

虫歯・根管治療 - 伊丹市の歯医者はこさか歯科クリニック【野間】

CARIES

虫歯・根管治療

歯が欠けた、虫歯で痛みがあるなどの症状がある場合、ほうっておけません。気をつけてケアをしていても、生活習慣や歯並び、唾液の質などの影響で虫歯になることは多いです。歯が使えるように次のような方法で治療をすすめます。

図でみる虫歯の進行具合と適切な治療法

エナメル質の範囲に限られた表面的な小さい虫歯で、ほとんど自覚症状はありません。CR(白い樹脂)を詰めて治します。1回で終わる処置です。
象牙質にまで及ぶ虫歯で、冷たいものなどしみることが多いです。この時点で治療ができれば歯の神経を取らなくてすみます。虫歯の大きさにより、CR、またはインレーで治します。インレーとは歯型をとって模型上で作製する詰め物のことです。銀の詰め物や審美的なセラミック製のもの、適合に優れたゴールドのものがあります。インレーで治す場合、治療回数は2回かかります。
歯髄に虫歯が及んでおり、歯根の掃除が必要な状態です。激しく痛むこともあります。いわゆる歯の神経を取る処置で、2、3回かかることが多いです。歯根の治療の後、土台を立てて被せものを入れます。歯根の治療となるような歯の多くは虫歯で大きく欠けてしまっていますから、人工物で形と機能を回復させる必要があるからです。
虫歯が進み過ぎて歯根のみになった状態です。抜歯になります。それを補う方法はインプラント、ブリッジ、入れ歯のいずれかになります。ちなみに抜いたところをそのままにしておくと、周囲の歯が移動して噛み合わせが崩れてしまいます。隣の歯が傾いたり、それまで噛み合っていた歯が歯ぐきから出てくるといった変化が起きるのです。元の状態にするには矯正治療が必要となります。

治療ケース

図を見ていただいたら、虫歯のやられ具合により処置が変わってくることが分かります。
重度の虫歯ほど治療は複雑になり回数もかかってきます。

症例:虫歯と歯周病を放置していたケース

  • 術前:多くの歯が虫歯になっており、まともに噛めない状態でした。欠損の放置もあるため歯が歯ぐきの外に伸びてくる、傾斜してくるといった変化が生じています。
  • 術後:使える歯はできるだけ残しました。噛み合わせを揃えてしっかり噛めるようにするために、根管治療や歯周外科も必要でした。このようにトラブルを放置していると、治療回数も多くなります。

術前:多くの歯が虫歯になっており、まともに噛めない状態でした。欠損の放置もあるため歯が歯ぐきの外に伸びてくる、傾斜してくるといった変化が生じています。

術後:使える歯はできるだけ残しました。噛み合わせを揃えてしっかり噛めるようにするために、根管治療や歯周外科も必要でした。このようにトラブルを放置していると、治療回数も多くなります。

虫歯にならないことが一番!

私の口の中にも詰め物による虫歯治療のあとがあります。ほとんど小~中学生の時にしました。CRやインレーです。子供のときは虫歯になっても何とも思わずに過ごしていましたが、後悔先に立たずとはよく言ったもので、今となっては予防できなかったことが悔やまれます。歯を削ったところは二度と復活しないですから。みなさん、一番良いのは虫歯にならないことです!今お口の中に残っている歯は、一生使う大切なものです!以上が私が虫歯について一番に思うことであります。

根管治療

歯の根の中を掃除するのが根管治療です。よく「歯の神経を取る処置」と言われるものです。歯科では毎日のように行われる処置でバラク・オバマ氏も苦手らしい根管治療ですが、どのようなものかご存知ですか?ここでは治療の内容について詳しくお話しします。

まずは天然の歯の解剖図をご覧ください。

歯の中には歯髄といって神経や血管が走っているところがあります。脳から出た神経、全身をめぐっている血管は、歯の根の先から歯の内部に入り歯の感覚を司ったり、栄養を与えたりしているのです。この根の中の管の部分を根管と言います。

虫歯や打撲などで歯髄にお口の細菌が入り込むと、根管の中が腐敗してくるのです。そのまま放置すると歯の内部から虫歯がどんどん進んでしまいます。そして増えた細菌は根の先端から体内に侵入していき、骨を溶かしたり痛みや腫れを引き起こすのです。あまりにも病状が進んでいると抜歯になってしまうでしょう。このような歯を再び使えるようにするために根管治療が必要となるのです。

治療順序

まずは根管にアプローチするために歯の上の部分に穴を開け、根管内に治療用の器具が入るようにします。虫歯の部分はこのときに徹底的に除去します。根管の感染源、神経や血管などの組織を取り残しがないようお掃除します。機械による清掃と根管内にお薬を作用させることで感染源を除去していきます。歯の部位と細菌感染の度合いによって治療回数が変わります。多くの場合は1~3回程度で終わります。なかなか痛みや腫れなどの症状が落ち着かない場合、以下のことが考えられます。

  • ▲歯根破折の写真。

 長期にわたる感染により根の周囲に細菌の塊(バイオフィルム)が形成されている。
状態によっては、歯根の先端の感染部を外科的に除去することもあります。

 根管の枝分かれにより感染源の除去が困難である。
実際の根管はこのように複雑に枝分かれしている構造になっています。器具で清掃できる部分は太い管のみです。薬剤も併用してお掃除をすすめますが、細菌を全くのゼロにすることは現実的ではありません。

▼歯根破折の写真。

 歯根にヒビが入っている、割れている。
被せと土台を除去し破折した部分が目視できます。このように完全に根が割れてしまった場合、炎症により歯の周りの骨が溶けてなくなっていきます。治療していて歯根が完全に割れていることが判明したら、いくら治療しても割れ目に沿って細菌感染がありますから、結局抜歯の適応となります。

通常は1回~複数回で治癒しますが、このように根管治療をしたとしてもなかなか治りが悪いという側面があるのも事実です。また、ご希望あれば、根管治療専門クリニックへの紹介も行なっています。